あごのニキビ跡が発生する原因

あごのニキビ跡が発生する原因

あごにホクロのようなものができて困っている方はいませんか?

 

そのホクロの色が茶色の場合、ニキビ跡の可能性が否定できません。

 

あごにできるニキビは、思春期を過ぎて、20代になると、増加する傾向にあり、このニキビのことを大人ニキビといいます。

 

あごには毛穴が多くあり、『毛穴がたくさんある』=『皮脂が毛穴に溜まりやすい』ことになり、ニキビの原因となります。

 

そのニキビのなかでも、あごに発生すると、消すことが難しく、シミに変わってしまうと、実年齢よりも上に見られてしまうなど良いことはありません。

 

そのようなことから、洗顔をしっかりと行うことで予防できると考えてしまうかもしれませんが、やり過ぎは逆効果になる恐れがあるため、気を付けましょう。

 

また、あごに発生したニキビは乾燥によっても引き起こされるため、ニキビ跡をケアすることが大切です。

 

そのため、あごはニキビが発生しやすい場所であるということを知っておいてください。

 

女性の場合、ホルモンのバランスが乱れることでもあごにニキビが発生するようです。

 

男性の場合、ヒゲ剃りの使い方が乱暴だったり、ヒゲ剃りで肌に負担をかけてしまったりすることでニキビが発生しやすくなります。

 

そのようなことから、男性の方は、あごにニキビが発生しやすいのではないでしょうか?

 

あごのヒゲを剃るときには、力を入れずに丁寧に剃るようにしてください。

 

ヒゲの剃り方を間違えて、力を入れてヒゲ剃りを使ってしまうと、肌の角質層という層を傷つけてしまいます。

 

角質層は0.02ミリしかないため、肌を守ってくれるものがなくなります。

 

すると、その場所から菌などが入り込み、ニキビが炎症を起こし、化膿してしまうということにつながります。

 

もし、あごの周辺にニキビ跡がたくさんある方は、ヒゲ剃りの使い方を変えたほうが良いでしょう。