ニキビ跡に効果がある薬

ニキビ跡に効果がある薬

ニキビ跡を改善させる方法の1つに薬を利用するという方法があります。

 

その1つに漢方薬がありますが、漢方薬の場合、ニキビに直接作用するというものではありません。

 

漢方薬の場合、新しいニキビが発生しない目的や、ニキビが発生しにくい肌環境にするという目的のために使うのであれば有効です。

 

また漢方薬は、ホルモンのバランスを整えたり、炎症を鎮めたり、膿を出してくれたりする作用があり、体質から変化させることで、間接的にニキビ痕を治していくというものです。

 

その漢方薬は値段が高いのでは?と思う方もいるかもしれませんが、保険が適用される漢方薬があるため、まずは医師に相談してみると良いでしょう。

 

ほかにも、薬局などで手に入る薬だと、外用薬タイプや内服薬タイプがあります。

 

ハイドロキシンやケロコートなどは、代表的な外用薬タイプの薬です。

 

このような薬は、医療機関を受診すれば処方してもらえますが、一般的にも売られています。

 

ハイチオールCなどは代表的な内服タイプの薬です。

 

ハイチオールCは、肌の新陳代謝を活性化してくれて、色素沈着を起こしてしまう原因であるメラニンを体外に出してくれる作用を持ちます。

 

薬局で購入が可能なため、毎日のように服用している方もいますが、薬品のため、長い間は飲まないようにしたほうが良いでしょう。

 

また、皮膚科などを受診することで、ニキビ跡に有効な薬を処方してもらうことが可能です。

 

皮膚科などの場合には、外用薬タイプと内服薬タイプの2つを処方される場合もあるようです。

 

ほかにも、医療機関では、ダラシと呼ばれる抗生物質を処方してくれることがあります。

 

このダラシは、ほかの薬よりもニキビ跡には有効な薬とされているようです。