ニキビ跡を目立たなくするメイクの方法

ニキビ跡を目立たなくするメイクの方法

ニキビ跡ができると、1日や2日で治ることはなく、それ以上の時間が必要です。

 

そのため、治るまでにずっとケアをし続けることが大切です。

 

また、ニキビ跡が治るまで、ニキビを周囲の人にバレないようにするための化粧の方法を覚えておきましょう。

 

ニキビ跡を目立たなくする方法の1つにコンシーラーを使うことが挙げられます。

 

ただ、コンシーラーを使用するときには、ファンデーションを使うと思いますが、その順番を間違えないようにしなければいけません。

 

ニキビ跡を目立たなくするために使う順番は、最初にコンシーラー、次にファンデーションの順番です。

 

また、コンシーラーを使うときには、周りにはコンシーラーを広げないようにして、ニキビ跡の部分だけを重点的に塗り、その周りは薄めに塗りましょう。

 

ほかにも、今ニキビがある方の場合、ニキビがある方は、メイクをしないほうが無難です。

 

それでも、化粧をする必要がある方もいるでしょうから、そのときには、リキッドタイプのファンデーションではなく、パウダータイプのファンデーションにしましょう。

 

リキッドタイプの場合、油分がたくさん含まれているため、ニキビには良くありません。

 

ほかにも、ファンデーションを肌につけるときには、ニキビのない部分からつけていき、ニキビがある部分は最後に少しだけつけるようにすると良いでしょう。

 

最後にニキビの部分につける理由は、ニキビが悪化しないようにというよりは、ニキビの菌がほかの健康な肌の部分に拡大してしまうことを防ぐためです。

 

ファンデーションを使うときには、ニキビのない部分から塗っていくようにしましょう。