鼻のニキビ跡が発生する原因

鼻のニキビ跡が発生する原因

鼻にニキビがあると、異性が自分に好意を寄せている、体のどこかに異常をきたしているなど、いろいろなことが言われています。

 

本当に異性が好意を寄せているのであれば良いことですが、実際に鼻にニキビがあると嫌な気持ちになるでしょう。

 

また、鼻というのはニキビが発生しやすい部分のため、ニキビ跡になりやすい部分です。

 

鼻にニキビ跡があるといろいろな面でマイナスに働くため、できるだけ早くケアをすることが大切になってきます。

 

鼻にニキビができると異性が好意を寄せていると言われているのは、女性ホルモンが関わっているから、という可能性があります。

 

女性ホルモンのバランスが乱れてしまうと、皮膚が過剰に分泌され、皮脂が過剰に分泌されることでニキビが発生やすくなります。

 

そのため、女性の方は、ホルモンのバランスが乱れる時期である生理前と生理後には、気を付けましょう。

 

鼻というのは、ほかの皮膚よりも、毛穴が広くて、皮脂や老廃物が付着しやすい部分です。

 

また、手で触る部分でもあるため、手についている細菌がつきやすい部分で、紫外線を浴びたり、ファンデーションを塗ったりすることで角質が肌に蓄積してしまい、肌の新陳代謝の能力が衰え、新陳代謝のサイクルが遅くなってしまいます。

 

そのようなときに、皮脂をエサにするアクネ菌が増えてしまって、ニキビがどんどん悪化してしまいます。

 

そのようなことから、ニキビ跡になり、徐々に濃くなって新しいニキビが発生するという悪循環に陥ります。

 

このようなメカニズムで、鼻にはニキビが発生しやすく、ニキビ跡も発生しやすいのです。

 

よって、鼻にニキビができないように、日頃からケアを怠らないようにしましょう。