ニキビ跡ができる原因とは

ニキビ跡ができる原因とは

ニキビ跡とは、しこり、ケロイド、赤ら顔、毛穴が開く、クレーターのようになるという症状の総称のことです。

 

また、ニキビ跡というのは、ニキビとは異なり、治りが遅く、消えるまでに時間が必要な点が厄介です。

 

ここでは、ニキビ跡ができる原因について見ていきます。

 

ニキビ跡は、どのようなニキビが発生したかで異なり、分かりやすく説明するために、まず、傷跡について考えてみましょう。

 

擦り傷程度の場合、跡になることはなく、数日経てば元に戻ります。

 

しかし、傷が深くなるにつれて、跡が消えにくく、元に戻るまで時間が必要です。

 

傷が浅いときでも、その場所を何度も傷つけてしまうと、傷跡が元の状態に戻るまでには時間が必要です。

 

これは、皮膚の奥深くにある部分の細胞が壊されてしまうことで引き起こされたり、肌の代謝が正常ではなくなることによって色素沈着などが引き起こされたりすることで傷が元の状態に戻るまでに時間が必要なわけです。

 

ニキビ跡も同様のことが言え、炎症をしているニキビや、同じ部分に何度も発生してしまうニキビというのは、後が消えにくく、場合によっては、一生消えないこともあるようです。

 

そのようなことから、ニキビ跡は間違ったケアをしてはいけないことになり、そのままにしておかないようにしましょう。

 

ニキビ跡というのは、いろいろなタイプがありますが、早期に正しいケアをすることで元の肌の状態にすることはできます。

 

ですから、ニキビ跡になったからといってそのままにしておかないようにしましょう。

 

もし、ニキビ跡をそのままにしておくと、周囲にニキビが発生したり、ニキビ跡が目立って、周囲に広がったりしてしまいます。

 

そのような状態まで進行すると、治すことは簡単ではなくなり、もっと進行すると、クレーター肌になり、クレーター肌になれば、メイクでも隠すことが困難になります。

 

そのため、ニキビ跡をそのままにしておくのは危険ということを覚えておきましょう。