ニキビ跡と色素沈着の関係性

ニキビ跡と色素沈着の関係性

ニキビが炎症を引き起こして、化膿するような状態まで悪化しまうと、例え炎症が引いても肌が赤い色のままになり、色素沈着を引き起こしてしまい、最悪はシミに変わってします。

 

その色素沈着にも種類があるため、色素沈着について知っておくことで、どのようにケアをすればいいかが分かるので、ここでは、色素沈着について見ていきましょう。

 

ニキビ跡ができたときに、真皮の部分に色素沈着が見られたときには、ヘモグロビンが関係している可能性が高いです。

 

ヘモグロビンとは、血液の内部にある物質ですが、ニキビが炎症を引き起こし、化膿してしまうと、真皮の中にある毛細血管が壊され、そのなかで出血が起きます。

 

そのときに、皮膚の組織とヘモグロビンが混ざり合い、紫色をした色素沈着が起こるというわけです。

 

ほかにも、ニキビ跡ができたときに、茶色い色をしている場合、日焼けをしたら発生するメラニンという色素が多く出過ぎてしまい、肌の代謝機能がメラニンの増殖のスピードに追い付かないときに茶色い色のニキビ跡になります。

 

この場合、肌の代謝機能を向上させることで、メラニンが体の外に排出されますが、メラニンの量が多い場合には、ずっと消えない恐れもあります。

 

メラニンと聞くと良いイメージを持たない方もいるでしょうが、メラニンは、元々、肌を保護してくれる重要な役目をしています。

 

例えば、紫外線から肌を守ったり、摩擦から肌を守ったりことが挙げられ、肌の深部にダメージをいかないようにしてくれる役割をしています。

 

しかし、ニキビが何度も発生したり、肌の代謝機能が衰えていたりすると、メラニンが体の中に溜まってしまったり、量が増えてしまったりしていまいます。

 

つまり、代謝機能を上げることで、メラニンが作られるのを正常な量にすることができるわけです。