ニキビ跡と食生活の関係性

ニキビ跡と食生活の関係性

ニキビ跡を解消する方法の1つに、食生活を見直すことが挙げられます。

 

ニキビと食べ物には関連性があり、ニキビが発生する大きな要因の1つは、食生活だとされています。

 

以前は、ニキビが発生する方の割合というのは、日本人の人口の2割ほどでしたが、今では、食の欧米化の影響もあり、日本人の人口の9割ほどがニキビに悩まされているという統計が出ています。

 

食生活は、体に良い影響を与えますが、悪い影響も与えてしまうわけです。

 

ニキビ跡の1種である、肌のクレーターは、コラーゲンを積極的に摂取すると良いとされています。

 

コラーゲンは、ほかにも、肌の弾力性を高め、肌にうるおいを与えてくれる成分でもあります。

 

ただ、コラーゲンを摂取したとしても、顔の細胞には直接行き届きません。

 

ではどうすればいいかというと、ビタミンCと一緒に摂取すると良いでしょう。

 

コラーゲンは体の中に入ると、分解されてしまいますが、ビタミンCを同時に摂取することで、コラーゲンは作られるため、ビタミンCと一緒に摂取することで、顔の肌に行き届くようになります。

 

ほかにも、ビタミンB2は皮膚が成長するには必要な成分で、きれいな肌にしてくれる作用を持ちます。

 

そのビタミンB2は、主に牛乳や納豆、卵などに入っています。

 

また、ビタミンB6は、皮膚の状態を健康にしてくれる作用を持ちます。

 

そのビタミンB6は、カツオやサバ、鶏肉などに入っています。

 

これらの成分がニキビ跡には効果的ですが、食生活を見直すことでニキビ跡を解消するためには、バランスが取れた食事をすることが基本です。

 

つまり、過食をせずに、油っこい食べ物を控え、バランスの取れた食事をしながら、ニキビ跡に有効な成分を摂取するというのが理想です。