ニキビ跡に効果があるビタミン

ニキビ跡に効果があるビタミン

ニキビ跡に効果的な成分に、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6がありますが、そのなかでも、ビタミンCは特に効果的です。

 

ビタミンCには、いろいろな働きがあるので、1つずつ見ていきましょう。

 

まずは、皮脂が出過ぎるのを防いでくれるため、ニキビの原因の1つである、皮脂の老廃物が、毛穴に付着しないようにしてくれます。

 

次に、炎症を抑えてくれるため、ニキビが炎症しないようにしてくれます。

 

次に、毛穴に詰まってしまった角栓を取り除いてくれるため、ニキビの原因の1つである角栓が取り除かれ、ニキビを改善してくれます。

 

次に、肌を白くしてくれる作用があるため、チロシナーゼという酵素が作られないようにして、チロシナーゼが作られないようにすることで、ニキビ跡や紫外線によって引き起こされるメラニン色素が沈着してしまう色素沈着が起こらないようにしてくれます。

 

次に、活性酸素を中和してくれる作用があるため、シミができないようにしてくれます。

 

また、ビタミンCというのは、皮膚を強くしてくれるコラーゲンを作るためにも欠かせない成分のため、コラーゲンが肌にあることによって、肌が丈夫になり、ニキビ跡によってクレーターになった場所を平面にすることができます。

 

以上のように、ビタミンCは、肌に対していろいろな良い影響を与えてくれます。

 

そのビタミンCを体内に取り入れる方法としては、食べ物、化粧品、サプリメントが考えられます。

 

食べ物の場合、野菜や果物に多く入っているため、積極的に摂取するようにしましょう。

 

しかし、必要量を摂取できない場合もあるため、そのときにはサプリメントでサポートしてあげましょう。

 

そのときには、ビタミンEも同時に体内に取り入れることで、ビタミンCの効果を最大限発揮することができます。