肝臓病とは、種類

肝臓病とは、種類

肝臓はエネルギーの生成や貯蔵、食物などの消化の他に分解や解毒、除去などあらゆる活動をしてくれるのですがこの臓器に何らかのトラブルがおきると様々な問題がおこってしまいます。

 

まず肝臓にトラブルがおこり、そのままの状態にしておくと肝臓病になります。肝臓病には比較的軽いものから中には死に至るものもあるので注意しなければなりません。

 

また肝臓病は自覚症状がほとんどあらわれないことが特徴で、痛みなどが出た時は病気の進行がかなり進んでいることがほとんどなので治療は困難な場合がほとんどです。

 

肝臓病の原因は食べ過ぎやアルコールの飲み過ぎで、肝臓に脂肪がつくことで肝臓病に発展するケースが大部分を占めます。お酒を飲み過ぎるとγGTPなどの数値が基準値を超えてしまいがちです。γGTPをはじめ肝臓の数値を下げるのにタウリンがおすすめです。

 

他にもストレスや喫煙でも肝臓の状態を悪化させるのに十分な要素になり肝臓病へと繋がります。

 

肝臓病は主に脂肪がたまることでなる脂肪肝やアルコールの飲み過ぎによる肝炎、そして慢性化した肝炎を放置することでおこる肝硬変とさらに放置することでなる肝臓ガンがあります。

 

自覚症状があまりない肝臓病は発見されたときは肝硬変になっている場合が多いですがこれらの肝臓病に共通しているのはカラダのどこかに必ず黄疸があらわれることです。

 

臓器の調子が悪いとカラダは色で症状があらわれることがあり、肝臓は黄色の色で今の状態をあらわします。

 

なのでカラダのどこかが黄色くなっていればそれは肝臓に何かしらのトラブルが発生していることを意味しているのですぐに病院で診察を受けるようにしましょう。